再び東北へ!大会の前に・・・白津山正法院

ご無沙汰しています!長い間ブログをサボっていました・・・
といいますのも、東日本チェンソー競技大会へ誘っていただきましたので・・・
この際思い切って参加しようと画策、日々の生活を忙しくしていました(-_-;)

こんなプログラムをいただきまして・・・
東日本大会2018

東日本大会2018

愛車に必要最小限の荷物を詰め込み・・・
秋雨前線の影響で土砂降りの中を出発!
東日本大会2018

天気回復に期待して北上するも、そう甘くなく、どこまで行っても雨、雨、雨・・・
東日本大会2018

実は、今回の旅は大会参加だけではなく、他にも目的があります。
それは…6月の秋田大会で彫った母子観音像が、北秋田の有名な寺院さんに展示されている
との情報をいただきましたので、そのお参りも兼ねたいのです^^

日本地図で見れば、秋田と山形は近いように見えましたが・・・
実際はかなり距離があり、一日の走行距離が1,000km近くに達したのはナイショ。。

そんな拙者の苦労を知ってか知らずか、北秋田に到着する頃には雨もあがってすっかり晴天!
1657年に創建された寺院「白津山正法院」さんの山門にたどり着きました!
何年か前に修復されたというきれいな山門をくぐらせていただきます^^
白津山正法院

山門の左右には、このように仁王様が阿吽の呼吸でお立ちしています!
白津山正法院

白津山正法院

たくさんのお地蔵様、優しいお顔に癒されます^^
白津山正法院

後光が差してきました!
白津山正法院

これが、平成20年に開祖350年を記念して改築されたという大仏殿です!
白津山正法院

今回、ご住職さまのご厚意で大仏殿の中を拝見させていただくことになりました^^
-----以下、北秋田市のページより引用-----
この大仏は、合川・鎌沢の名刹「白津山正法院(しろつさんしょうぼういん 清水忠道住職)」に安置され、
市の文化財にも指定されている木造の仏像。高さが4・82m(一丈六尺=4.84m)あることから、正式には
「丈六延命地蔵菩薩像」と呼ばれ、木彫りで多くの木を寄せ集めて作る「寄木づくり」と呼ばれる技法で作られています。
-----引用ここまで-----
白津山正法院

生で見ると、とても大きいです!
そしてやさしい表情で、地域のみなさんに愛されているのがよくわかります^^
白津山正法院

詳しくはこちら → 白津山正法院

そして、拙者の彫った母子像・・・ありました!3か月半ぶりの再会です^^
凄い彫刻に囲まれて、いささか恥ずかしいような気もしますけど・・・これもご縁だと感謝します^^
白津山正法院

最後に、ご住職さまご夫妻と・・・
白津山正法院

若住職さまと・・・
白津山正法院

ご住職さま、この度は突然の訪問となってしまいましたが・・・
時間の都合で立ち寄れるかどうかわからなかったもので、、このような訪問になり申し訳ありませんでした。。
来年の秋田大会の前には、再度ゆっくりお参りさせていただきます^^

ということで、この後、山形大会の会場へ向かうのであります^^;

-----東日本大会編へ つづく-----

コメント

非公開コメント