しっかりと踏み据えなさい、その大地を・・・

みなさん、ぐっすり熟睡してますか?!
拙者はそれはそれはぐっすりで、寝床に入って目をつむれば一瞬で朝!というほど完璧な睡眠でござる!
真夏の頃はあれほど夜中に一度二度目が覚めたのに、この変わりようは・・・
でも意識が完全にワープしてるんで、何かあった時にちとあぶねーのじゃないかと・・・
泥棒が入っても火事でも、Jアラーとが鳴っても起きそうにないのぉ。。

まあ、待ちに待った芸術の秋、といいましょうか・・・
昼間は残暑が少々厳しい時もありますが、総じて朝晩快適な季節がやって来ましたぜ!
とりわけこの季節に吹く風が心地いいですな、汗ばんでも一瞬でクールダウンしてくれます!

さて、ご覧の観音様、ここんとこ小忙しくてなかなか仕上げる機会がありませんが・・・
それでも隙あらばチマチマ突いてます。
このくらいまで進めますと、どうも台座の安定が気になって来ますな・・・
カーバーなら経験したことあるかと思いますが、水平な床に置いた場合キッタンバッコンします。。
白衣観音2

で、ひっくり返してみますと、こんな有り様で。。。
わかりますか?ちゃんと平らに切れていないのでござる。。
最初に排気量の大きな長いバーのチェンソーで一気に切ればいいのでしょうが、拙者持ってないのでござるよ。。
台直し
で、短いバーで二度切りすると、こんな風に段差になってしまいます。。
でもちゃんと切れる人もいるので、単にスキルの問題かっ?!
台直し

仕方ないので台直ししましょう・・・
水平をとった極力平らの台の上にセットしまして、カット線を引いていきます。
いろいろやり方あるんでしょうが、手っ取り早くやるため自作トースカン(笑)
台直し

ちなみに、黒の線は差し金で引いたのですけど、精度がダメですな。。ボツ
台座に余裕があればどーにでもなるんですが、今回既に台座が薄いので、、必要最小限、数ミリ単位でカットします。。
台直し

台直し

ここで、ちょっと直射日光で暑いので屋内に避難・・・
この程度の日光、人間は大丈夫なんすが、観音様の乾燥が急激に進んでしまうと割れが入りそうなので。。
で、いよいよカットなんですが、いきなりチェンソーで切っても今の腕では上手くいかないと判断・・・
なんせ、観音様の下半身を伸ばした分、台座が薄すぎて失敗が許されんのよ。。
ということで、手鋸で慎重に周りに基準を作ります。
台直し

最終的にチェンソーでカットする基準なので、切れ目はもっと薄くていいのだけれども、切れるだけ切っておこう!
台直し

手鋸が思いのほか切れたので調子に乗りましたが(笑)
こんな風にカット出来ました!
この真ん中に残った凸部分をチェンソーで削ります!
台直し

で、最終的にこうなるのよ!ドヤァ(笑)
台直し

これだけ平らになればいいでしょう!
後はもう少しサンダーかけて均します^^
台直し

こんな作業をしていたら、薄くし過ぎたのか、台座の割れが微妙に大きくなっていたので・・・
急遽、割れ止め処理をします!
観音様本体には被害がないのですが、台座がねぇ。。
割れ止め

割れた所は手遅れかもしれませんが、これ以上割れが進行しなければいいかな。
と思い、割れ止め剤を塗り塗り。
割れ止め

このままでは直ぐに蒸発してしまいますので、手元にあるビニール袋でラッピング!
何日か放置して蒸らします!
防カビ剤も配合しているようなのでカビることも無いでしょう?
割れ止め

そういうわけで、先の日曜日に割れ止め処理しておいたのだが、どうなっていることやら?
今日は天気が良さそうなので、久しぶりにラッピング剥して乾かします^^
それでは、カーテンオープン!!(笑)

では、ごきげんよう^^  シーユーアゲイン!

コメント

非公開コメント