天空を見上げるウサギ・・・

おはようございまーす^^

貴重な休日にやることはたくさんあれど、全部こなすのは大変難しい・・・
いつも欲をかいて、多めにスケジュールを詰め込みすぎるのですが、予定通りに終えたことはあまりありません。。
夏の頃のように余裕をこいて、昼寝なぞしていると、あっという間に日が傾いてしまいます。
必要最小限のインターバルを挟んで黙々と動くしかない、亀のような 鋸屑ヤマ です・・・

秋の日はつるべ落とし、とは言いますが、春の日は暮れそうで暮れぬ、と言います。
日没の時間は春の日も、秋の日も、それほど変わりがありません。
それなのに、秋の方が早く日が暮れる感覚はなぜでしょう?

実は、7月から8月頃には20分程度の変化であった日の入り時刻が、10月の初旬から11月の初旬にかけては
実に40分以上も速くなるのです。
日暮れ時の、このスピード感が秋の日はあっという間に暮れる、という感覚を作り出しているのでしょう。
まさにオータムマジックなのです・・・
夕暮れ

そういうわけで、夕暮れカービング的には厳しい状況の季節がやってきました・・・

ここで、なぜ休日の夕方にカービングするのか、という疑問について説明しておきましょう。
先ずは、先に他の作業(家庭菜園や草刈りなど、いわゆる農作業)をやっておきたいこと。
第二に、田舎と言えど周りに住宅が近接しているので、洗濯物を取り込んだ後の時間が好ましい(埃やオイルミストの問題)。
第三に、夕方は雨戸やサッシなどの戸締りで騒音が軽減される。
第四に、撤収後直ちに、油まみれの身体を洗ってから家に上がれる。
まあ、こんなところでしょうか^^

ということで、長々能書きを垂れましたが、いつものカービングの時間です^^

先週の金曜日に調達した丸太・・・
フォークリフトで押し込んだら荷台マットも折れ曲がってしまいました。。
材料仕入

この立派な丸太は、11月3日のお客様感謝デーBBQの景品のために材木屋さんに提供していただいたもの^^
材料仕入

トラックを破壊しないようやっと降ろしたところ、これをを適当な長さで切断して・・・
材料仕入

しかし、ちょっと重すぎる。。
ただでさえ太い生木なのに、前夜の雨が染み込んでいて重いこと。。
やっとの思いでカービング台に上げましたが・・・
材料セット

こんなに太さは要らないので、半割りにします!
丸太のまま彫っても無駄が出てもったいない・・・
材料セット

で、これが最終的にこうなったもんで。
左のウサちゃんはこの前作ったヤツ!バリを取って目を入れてみました^^
立つウサギ

立つウサギ

暗すぎて雰囲気出てないんじゃないかと、、柔らかい色合いが読者に伝わらないのは非常に不本意なので・・・
次の日に早起きして撮ってみました^^
立つウサギ

こういうことになっています^^
立つウサギ

立つウサギ

おっと、今朝もこんな時間です・・・

それでは、ごきげんよう^^  シーユーアゲイン!

コメント

非公開コメント