いざ、安曇野カービングショー2016

おはようございまーす^^
泊りでイベントのある前は、いろんなことをやっておかなければならず
ふだんから無い時間をどうやって捻出するか考えても解決できず・・・
結局、考えるより動いた方が速いという、当たり前の法則の中で
相変わらず、あたふたヨロヨロと駆けずり回っている 鋸屑ヤマです^^;

実はこの週末、「安曇野カービングショー2016」へ参加させていただくことになっています!
参加資格が全国選抜の有名カーバーのみなさんと、われわれ塾生のうち
今年の伴塾に貢献があった人、という条件ですので、今年の伴塾へあまり参加できなかった身
ですが、、そこはなんとか、塾長や番頭さんの好意で捻じ込んでいただきました^^メデタシ

写真は昨年のカービングショーの様子です
安曇野カービングショー2015


ということで、そろそろ安曇野への準備にとりかからないといけませんな・・・
こういうのは、どこかで思い切って踏み出さないと、このまま直前までズルズルしてしまいそうで・・・
学生の頃、試験前日まで余裕でエンジン掛かりませんでした。。ワハハ;

先ずは、しばらくの間、寝かせてあったチェンソー達を叩き起こしましょう!
今夏母の具合が悪くなってから、その場しのぎで軽い掃除を施しただけでしたから
修理に出してあったMS200以外は、細かいところにほとんど手が入っていません。。

久しぶりに、エンジンに火を入れる前に、先ずはエアーフィルターを掃除します!
ここは意外と軽く見られがちですが、実はかなり重要な部分で、点火プラグを除けば
エンジンのかかり具合はここで決まる、と言っても過言ではない。
ふだんのメンテでは、エアーコンプレッサーで大鋸屑を吹き飛ばすだけなのだが
今回のように、長期にわたり放置した後には、内外に細かいカビが生えてたりするので
このように台所洗剤をつけてゴシゴシ丸洗いする。
遠征前メンテ

きれいになったエアーフィルターをコンプレッサーで乾かし、元通りに組みつける。
それ以外の場所も、手の届く限りのゴミを掃除する。
拙者のような小者が言うのもなんだが、ちゃんと手入れされた道具は裏切らない、のでござる。
遠征前メンテ

掃除が終えたら、片っ端から目立てしていきます・・・
5台まとめて目立てするのは少々きついですが、これも修行ですので精進しましょう・・・
カンナであれば、削り3年研ぎ8年、と言われます。
そう言われれば拙者なぞ、研ぎの年季でさえも怪しいじゃん。。ひたすら研ぐのみ!

切れなくなったら研ぐ、というのが一般的で、ある程度正解だと思うのですが・・・
拙者は切れても切れなくても、定期的に目立てするようにしています。
研ぐという行為が、物理的な作業であるにもかかわらず、その反面、精神修行だからです。
チェンの一コマ一コマに集中していると、不思議と落ち着くものです。
遠征前メンテ

総メンテ

そういうわけでこの週末、チェンソーかついで長峰山山頂へ行って来ます!
遠征準備

おっと、、早朝からブログ更新している場合じゃない。。。まだまだ準備半ばなのです。。

それでは、ごきげんよう^^  シーユーアゲイン!

コメント

非公開コメント