七年の集大成・・・

真夏の夜に玄関先でふと見れば、少女の彫刻にこんな珍客・・・
七年、いや正確に七年かどうかは知らないが、そのぐらい長い間地中にいただろう・・・
さあ、最後の姿に変身するなら見届けてやるゾ!
セミの羽化

てっきりここで羽化するのかと思いきや、そうでもないらしい・・・
何が気に入らないのか、あちらこちらウロウロ・・・
銀杏で彫った彫刻はいささか昇り辛い、何度も滑落する・・・
セミの羽化

ここまで来れば当たり前のように羽化すると思うが、実はセミの羽化率は低いのだ・・・
羽化するポジションまでたどり着く前に力尽きて命が費えてしまうか・・・
天敵に襲われるとか、地面に転落して強打するとか、いろんな危険が待ち受けている・・・
それでも自分の羽化するポジションまで上り詰めるのだ

夜が明けてどこにもいないと思ったら、こんなところへ移動していた・・・
そうか、ここが君のポジションだったのか・・・
セミの羽化

私の靴、羽根が乾いたら明け渡してくれ・・・
今日は日曜日、ゆっくりでいいから・・・
セミの羽化

コメント

非公開コメント