桜の乱と百姓一揆・・・

平成二十八年 桜の乱・・・
いよいよ南、或いは西の方から染井野吉野軍団が攻め上がって来る気配・・・
既に江戸はあちらこちら占領されてしまったでござるか?
こちらは花冷え隊が後方待機していてまだ持ちこたえているものの、
早くから展開している先鋒の河津隊に侵攻を許してしまっているでござる・・・
所々に上がるピンクの幟、来るなら来い!

彼岸桜

暖かくなってくるとやらねばならぬことがたくさん出て来ます・・・
まだ寒いから、と言って逃げ回ってた農作業も、こう暖かくなってくると言い訳が効きません。。
しがない週末百姓もいよいよ立ち上がるを得なくなって来ました。。一揆だぁ。。

今回は掘るものがいつもと違うんだけれど、チェンソーを鍬に持ち替えて畑を掘りますよ、、
俗に「さくを切る」っていうやつです。
くそぉ、チェンソーの腕前と同じく、少し曲がっでござるか?!
ジャガイモ植付け

ここで悲報をお伝えしなくてはなりません・・・
これはジャガイモを植え付けるためのサクなんですが、、まだ肝心の種芋を買ってなかったですw
これが世間でよく言う「泥棒を捕まえてから~の、縄をNOW!」ってやつか?w

というわけで、お彼岸休みでごった返すホムセンにゴム長に野良着という、田舎の正装でイソイソ出かけ・・・
買ってきましたわよ~ん!

先ずは切ります!STIHL MS200始動~~!
いやいや、待て!伝家の宝刀を抜く必要はござらん!
相手はたかがジャガイモだ・・・果物包丁で充分だ!
ジャガイモ植付け

切ったら、切り口の処理です!
切り口からはいろんな雑菌が入って来ます…これを食い止めるためと、消毒の意味があるのでしょう。
いろんな方法があるので、ここでは割愛しますが・・・
要は種芋が腐ったり病気にならなければいいのです。
時間があれば二三日くらい前に切って、そのまま放置しとけば勝手に乾いて膜を作ります。
変な処理をして失敗するより、芋の自己防衛機能に任せる方が余程安心です!

今回は時間無いので伝統にのっとります!
小家の手法としては、このように切り口に草木灰をまぶします・・・
ジャガイモ植付け

で、とっとと植え付けます!
芋の間隔40~50cm、その間に堆肥と化成肥料を置き肥して覆土です。
画像ではサク半分埋め戻したところ・・・
ジャガイモ植付け

ふぅ、、これでひと仕事終えましたが、まだまだ他にやること満載。。
時間がいくらあっても足りませんな・・・あぁ、カービングしてぇ。。

そんなこんなで、この日も既に夕暮れ間近・・・さあ!待望の時間です!
がっ!すんません、、ここでカテゴリー分けます。。
今朝はこれ以上時間が無いのと、たまには農作業の記事に入れてやらないと。。w

ということで、チェンソーアートは後編へ続きます・・・

コメント

非公開コメント