忍者修行2016~その二

青い空、白い雲・・・
眩しすぎる太陽光線・・・
額に流れる熱い汗・・・
朝方の土砂降りの雨から一転、今度は初夏の陽気で灼熱の太陽光線が降り注ぐことになろうとは・・・

こんな陽気に誘われて出てきた見物人の相手などで、まごまごしているうちにも時間は非情に過ぎてゆく・・・
時は既に11時半近くになろうとしていた・・・
時間の感覚とはいい加減なもので、ちょっと日常を外れた空間に身を置けば、時計に頼らぬ限り知る由がない・・・
まして、物事に集中していれば尚更のことなのである・・・

その時、我々は確実にワープしていたのである!

お昼直前の様子です。
N忍者、ラフカットが終わり全体のバランスを見ながら慎重に形を整えている・・・
忍者修行2016

K忍者、形を整え、各部のディテールへ・・・
何度も繰り返された、洗練された技がそこにある・・・
忍者修行2016

忍者修行2016

忍者修行2016

ブラッシングで飛び散る大鋸屑が、季節外れの強い陽光に輝く・・・
本物のパグをなでなでしているみたいに見える・・・
忍者修行2016

忍者修行2016

こちらも頭部の成形に余念がない・・・
鳥類は頭部のバランスが特に難しいと思う・・・
大きくなり過ぎず、小さくなり過ぎず、落としどころを探していくのだ・・・
忍者修行2016

忍者修行2016

簡単なお昼を済ませたら、時間を惜しむように午後の修行へ・・・
日差しは益々勢力を増し、サングラスなしではいささか厳しい・・・
彫りに集中する彼もまた、目を細める・・・
忍者修行2016

忍法 くり抜きの術・・・
エアーで大鋸屑を吹き飛ばしながらパーツの型合わせを行う・・・
忍者修行2016

狂った陽気の日差しは留まるところを知らず・・・
既に20℃は難なく突破!まだ2月半ばだというのに、夏日にさえ迫ろうとしている・・・
忍者修行を応援しているのか、それとも邪魔しているのか・・・
今朝設営したクイックテントが、まさか日除けで役立とうとは!

こうして、忍者どもの修行はまだまだ続くのである・・・

-----つづく-----

コメント

非公開コメント