里芋の越冬管理

おはようございまーす^^
暖かい日が続きますね~春と錯覚している植物もあるとかで、梅の花が狂い咲きしたとかしないとか・・・
そのうちにウグイスが鳴き、ソメイノヨシノでも開花するんじゃないかと・・・
こんな陽気に半袖はもとよりタンクトップになってしまいたい衝動に駆られますが・・・
そこはグッと我慢の大人、鋸屑ヤマです!

今年はけっこう忙しいのと、暖冬傾向のおかげで先延ばしにしていたサトイモの越冬管理の模様を現場からお伝えします。
先ずは、第一カメラさんの映像をご覧ください。
着工の模様です。「鍬入れ式」ならぬ「スコップ入れ式」・・・ここに穴を掘ります!ワンワン
里芋越冬2015

毎年掘削している場所なのでサクサク彫れます!
やり辛いのは土の排出、、穴が狭いだけに手間がかかります。。
このぐらいでいいでしょうかねぇ?テキトウ
里芋越冬2015

どんどん詰めて行きましょう!
都会の通勤ラッシュには詰め込み係がいますが、あの要領でギッシリ詰めます!
このぐらいじゃすき間があります、、まだまだですね・・・
里芋越冬2015

このぐらいでいいでしょう!きれいに詰められました。
この時に、ただ闇雲に詰めてはいけません!
里芋越冬2015

カメラさん、グッと寄っていただけますか?!アップでお願いします。
おわかりでしょうか?全て逆さまに並べなくてはいけません。
上が上を向いてると芽が出てしまいますので、このように根が上で、つまり逆立ちで冬眠させます。
里芋越冬2015

その上に覆土するんですが、いきなりかけてはいけません!
このような針葉樹の葉で覆います、芋の目印になるのと断熱効果、および野ネズミバリヤーです。
本当は、チクチクした杉の葉がいいのですが、杉の葉まで届かなかったので・・・
その辺のヒバの葉でいいかぁ、、ってとこです。。汗
里芋越冬2015

最終的に覆土して、雨除けしておしまいです^^
画像ではちょっと雨仕舞が粗末すぎますが、、土が落ち着いたらちゃんとシートします!
里芋越冬2015

以上、よくある暮れの風景、現場からのレポートでした!

それでは、ごきげんよう^^  シーユーアゲイン!

コメント

非公開コメント