出逢いの時の 僕のようです・・・

ふとしたきっかけで始めたチェンソーアートも、気が付けば3年の月日が過ぎ
今シーズンに入れば4年目である・・・
飽きっぽい性格の自分でもよく続いてるなあ、と感心することしきりである・・・

そういえば、始めた頃、倒木処理にしか使ってなかった慣れないチェンソーで
見よう見まねで彫ったっけ・・・
今じゃ考えられんくらいの無茶苦茶なカットで、誤魔化し誤魔化し・・・
だが、出来なかったんだよなぁ、形にすらならんし・・・

意を決して、チェンソー担いで行った長峰山天平の森・・・
凄腕カーバーさん達と出逢い、一緒に彫れる!ただそれだけで感動したなぁ・・・
塾長の一挙手一投足に釘付け、初めての講習あっという間に終えちゃったっけ・・・

と、N忍者の連れてきたシクラメンの純真無垢な花を見ながら回想にふける・・・
あれから四度めぐりくる春、あの頃のように心を真っ白にしてひたむきに彫って行こう・・・
この花のように、天を仰いで伸びて行こう・・・

シクラメン

シクラメン

コメント

非公開コメント