屋敷祭り2014

この地域では年末の大切な行事となる、屋敷祭り・・・
ついこの間やったと思ったら早いもので、今年もこの行事の時期となりました。
屋敷祭りというのは、氏神様、お稲荷さん、路地神様など、いわゆる外の神様に感謝して祀る行事です。
最近はお稲荷さんも屋敷神様も祀っていないお宅も多いとか・・・そういうお宅では無縁の風習です。
我が家はちょっと古い歴史があるので、忘れずに毎年やっています。

一般的には12月15日にするお宅が多いと思いますが、我が家では12月の「鶏の日」と決まっています。
これは、15日に今は亡き祖母が大怪我をしたことにより、この日を避けるようになったのだとか・・・
屋敷祭りって、その家の都合で実施するのでこういう由来もあるんですネ。
というわけで、今年は12月16日が適当な「鶏の日」なので決定!

先週の週末ですが、先ずは屋敷神様の周辺を掃除します。
写真では片付いていますが、ここまできれいにするのに大量の枯葉を片付けました。。
手前の土台の上には木の祠があったみたいですが、ずいぶん前に朽ち果ててしまったようです・・・
屋敷祭り2014

これはたぶん氏神様じゃないかと思うのですが、由来が分かる年寄りがいませんので定かではないです。
本来は屋根を茅葺とするのがいいのでしょうけど、そんな技術もないのでトタンで代用してます。
また、しめ縄も茅でなうのが本当ですが、荒縄で代用です。。
後でご幣束を吊るすので、このように若干ゆるく張っておきます。
屋敷祭り2014

さて、お稲荷さんの脇に土俵を作ります。
先代の年寄りに聞いたところによると、ここでお稲荷さんの子供が相撲を取る、という・・・
これはたぶん、関西の方のお稲荷さん(まけきらい稲荷?の話と結びついたのでしょうか?謎
屋敷祭り2014

このように四方に竹を建て、縄を張ります。
麻縄が良かったのですが、在庫を切らしていましたので園芸用の麻紐にしました。
屋敷祭り2014

ご幣束(おんべろさん)を付けるとこうなります。
どうでしょう、立派な土俵が出来たでしょう?!ここで練習して、強いお稲荷さんに育って欲しいですネ!
屋敷祭り2014

氏神様の方もご幣束を吊って、こんなところで場所の準備は完了です!
屋敷祭り2014

もう少し作業があります・・・
神棚や仏壇、そして家の中の水回りを中心に、要所へ祀るオンベロさんを作ります。
このように半紙と篠竹で作って進ぜます。
屋敷祭り2014

路地神様もきれいにして、このようにオンベロさんを供えます。
屋敷祭り2014


さて、ここまで準備が出来たら、屋敷祭り当日の夕方・・・
小豆おこわと鰯を氏神様、お稲荷さん、その他数か所へお供えしてやっとお役目御免になります。
ご存知のように、お供えをしたら決して振り向いてはいけないのですよ!お稲荷さんがそこにいますからw
家の中に帰りましたら、鰯とけんちん汁を肴に一杯やります!これがまた格別ですね^^
そういうわけで、今年もなんとか無事に屋敷祭りが出来ました!

それでは、ごきげんよう^^  シーユーアゲイン!

コメント

非公開コメント