クマの補習(後編)

-----前回からの続きです

さて、埋め木が完成しました・・・
ヘタクソですが、まあこんなもんでしょう。。
クマ補修

合わせてみますと、ちょっとすき間が多いなあ・・・
洞に合わせた型取りじゃなくて、正方形とか長方形の方が簡単だったかな、っと反省・・・
まあ、やってみましょう!
クマ補修

発泡ウレタン接着剤は水分に反応するので、接着面を充分濡らします!
ちょっとやりすぎか、、って思うぐらいでいいです!
しばらく待っていますと木に沁み込んでいきます。
クマ補修

接着しました!上から重みをかけて圧着します!
そうしないと、発砲の力でパーツが押し上げられてしまいますので・・・
ゴムバンドで縛ったり、ビスを打つ手もあるんですが・・・
手ごろなゴムバンドが無いのと、ビスではパーツが割れてしまうのが恐いです。。
クマ補修

こんな風に、天秤にして荷重をかけしばらく放置!
完全硬化には24時間掛かるのですが・・・気長に待ちましょう!
しっかし、この時の気温わずか3℃くらいなんですよ、、接着剤が効くのでしょうか?。。
この時は30分くらい経過していますが、こんなに発砲していますね、期待できそうです。
クマ補修

夕方になりました・・・
接着から7時間ぐらいでしょうか、、とても24時間待ちきれませんw
重しを外します!
クマ補修

余計な部分と、はみ出た接着剤をチェンソーで切り落としました!
発砲系の接着剤は刃物を傷めないので、こういう時にありがたいですね!
まだ目違いはありますが、この後サンダーを掛ければいいでしょう。
クマ補修

サンダーで処理後です。
この後、すき間の接着剤も少し欠き取り、パテ埋めします!
クマ補修

パテの完全硬化後、パーパーで平らに仕上げて完成!
色が周囲に馴染めば目立たなくなるでしょう、きっと・・・
クマ補修

というわけで、まだ手術痕の残るクマちゃんの全身像です!
クマ補修

そんなわけで、クマちゃん補修編終了です!
それでは、ごきげんよう^^  シーユーアゲイン!

コメント

非公開コメント