クマの補習(前編)

おはようございまーす^^
何かと小忙しい暮れの週末です・・・
昨日の土曜日は、来週平日の、屋敷祭りの準備でお稲荷様の周りを掃除したり、新しい縄を張ったり・・・
子供稲荷さんの土俵を作ったり、篠竹を取ってきてご幣束の準備をしたり・・・
そんな具合で動いてましたが・・・。

そんな折、意外な人物が訪問してくださりました^^
いつも東京パイオニアさんのイベントでお会いする、吾妻のK氏、富岡のK氏です!
散らかしているので、さそ驚かれたことでしょう・・・^^;
突然だったので全くお構いできませんでしたが、、失礼しました、そしてご訪問ありがとうございました^^

そんなわけで、新たに製作には取り掛かれませんでしたが・・・
今回は、クマの頭部の穴の補習過程を紹介したいと思います。
先日の記事で、クサレを取り去り、こんな大きな穴が開いてるのをアップしましたが・・・
クマ2014

これを埋めようと思います!
先ずは、穴の周囲を少々拡大…接着面を広くして食い付きをよくします!
クマ補修

次に、穴に沿って型取りして型紙を作成・・・不器用なので、すごく大雑把です。。
クマ補修

そして、その辺に転がっている木端などで埋め木を切り出します。
ここはチェンソーでなく手鋸で切り出しました。
クマ補修

-----次回へ続く-----

コメント

非公開コメント