第八回信州安曇野チェンソーカービングショー(その4)

今回のレポートも最終回となったわけですが、残りの写真の枚数が少なかったので
大きなサイズでアップします!
終了間際の、現場の臨場感をお楽しみください^^

----15:00pm----
時計は既に、終了時刻の3時を示していますが、会場はこの通りまだまだヒートアップしています。
手前は、栗田師匠によるベアヘッドの超高速カービング!
奥は、小林師匠のウルフが完成間近!完成度の高さが分かりますか?!
第八回安曇野カービングショー

栗田師匠、50ccクラスのチェンソーをぶん回し、ここまでラフカットするのに、ほんの5分ほどだせぃ・・・
もう既にクマになっているという・・・達人技です!
第八回安曇野カービングショー

後ろの人たちの動きに対比させますと、いかに高速に動いているかわかりますね?
師匠のポテンシャルの高さには驚かされます!
第八回安曇野カービングショー

さあ、ぼちぼち撤収ですよ~
奥側の人たちは既におが粉を撤去しています!
今年も存分に彫った、彫った!廃材の量も大量です!
スタッフのみなさん、今年もステキな時間と感動をありがとう!
第八回安曇野カービングショー

さて、ここかわは最後の片づけと撤収に時間を消費しましたので画像がありません…
この後、山頂で解散してひたすら信濃路を南下します・・・
今回は荷物が大量&重くて、軽トラでは高速が不安でしたので、一般道で自宅を目指しました。。
二日間の激戦で、足腰逝っちゃってますので…車から降りてしまうと再び乗れないような気がしてw
コンビニにも寄らずノンストップで激走しました。。
しかし、田舎道はそんなに甘くなかったですよぉ…道路舗装の突き上げが腰に響いて拷問でしたねww

ということで、第八回信州安曇野チェンソーカービングショーのハイライトでした^^

---END---

コメント

非公開コメント