忍者修行2016~その三

それにしても、いったい今は何月なんであろうか・・・蛇やカエルが目覚める時を間違えて出てきてしまいそうなのを通り越して・・・蝉が羽化してしまいそうな気温だ・・・真剣な眼差しの彼らは汗をかかないのだろうか・・・拙者は既に半袖姿のうえ、大量の汗・・・この季節のタンクトップが許されるなら、半裸になってしまいたい衝動に駆られる・・・この瞬間、彼らの目線の先に見える物は目前の作品のみなのだ・・・こうした集中力を養うことが修行の最...